プロフィール

幸せな子ども時代~転居~ 突然うつ病に

わたしは、ごく一般的な家庭に生まれました。

中学校教師の父、パートに出ている母、四つ上の兄。

わたしは内向的な子供でしたので家で一人遊びをすることが多く、

お茶の間から見える小高い山をながめながら日向ぼっこをするのがすきでした。

10歳ぐらいまでは、友達にからかわれて泣いて帰ることもしばしばでした。

気弱な私を心配した父に進められ野球を始めてからは友達も増え、体を鍛えることで友達にからかわれることもなくなり幸せな少年時代でした。

 

そんな自分に自信をつけ始めた13歳の秋、父親が家を建て、アパートから郊外に引っ越しました。

夢の新築マイホームでしたが・・・

そこで微妙に気持ちの違和感を覚え、不眠症の傾向が表れました。

 

それから1年くらいたつと言いようのない不安感にさいなまれ、潔癖症が顕著に現れました。

学校から帰ると洗面所に直行し手を洗い続けます。3時間です。

そのあと足を3時間洗います。

そうせざるを得ない脅迫観念があるのです。

さまざまな症状

私を20年以上も苦しめた症状は・・・、

 □HSP~自分が情けなくてたまらない
 □思考力低下~成績が急に落ちる
 □睡眠障害~眠れない・起きれない
 □コミュニケーション障害~孤独
 □潔癖症~本も触れない

  ・・・消えてなくなりたいほどの苦しみでした。

 私は『青春』を経験していません。

「おかしい」と思っても、自分ではどうしようもなかったのです。

親兄弟も自身に経験がないため「変わった子だ・・」ぐらいの認識で助けを求めることもできませんでした・・。

私は、心を閉ざしました。

家族も自分も「心の違和感や不安感」に向き合おうとしなかったのです。

うつ病との孤独な闘い~肉体を極限まで追い詰める

さらに悪いことに、私は自分の心の状態を周囲に覚られまい、としたのです。

奇抜な行動で人を笑わせたり、過剰に謙虚にふるまったり・・・、自分を傷つけ続けました。

 

 

その結果、当然ことながら心も体も疲弊しきって

不登校・・学校が、人が、怖くなりました

不安感から逃れるため、ひとりで何とかするしかありません。

 

それまでの短い人生での唯一の成功体験は、体を鍛えること。

それに執着しました。

 

武道をはじめ無味乾燥の基礎練習を悲しいくらい繰り返し自分を追い込みました。

嘔吐し、体が震えだすぐらいに・・・。

しかし、心が軽くなるどころか、

「きつい練習をしなければならない」
   ⇓   ⇑
「練習がコワイ」
   ⇓   ⇑
「今のままじゃダメだ」 

の悪循環にはまってしまい、とうとう感情がなくなってしまったような感覚を覚えました。

自分が自分でないような・・・、心がバラバラで、がんじがらめで動けない・・・。

自分と人生を恨む・・・。そんな毎日が続きました。

さまよい歩き、教師に。そして、また絶望・・・

藁をもすがる思いで、

現代医学・整体・自己啓発セミナー・哲学者・・。

方々訪ね歩きましたが、根本から治してくれる所はありません。

ならば、教師になって子供たちのために尽くせば、自分も救われるのではないか?と思い、大学に入り直し父親と同じ教師になりました。

「天職だ」とも感じましたが、先輩教師たちの尊敬できない姿にがくぜんとしました・・。

職員室に〔いじめ〕があるのです!

 

これでは、自分どころか、子どもたちも救われません。

絶望し、6年で教師を辞め「どうすれば人の心が癒され守られるのか・・?」 

再び、さまよい歩くことに・・・。
「ああ・・、もう、この辺でいいだろう・・・。生きること、がんばることに・・疲れた。」 力なく、遠くを眺める日々が続きました。

突然の『光』~老師との出会い~

出会いは突然です。ある雑誌で

台湾の武術家であり治療家の老師が来日講習会

という記事を目にしたのです。

「これで最後だ・・この老師に会ってみて何も感じなかったら、人生をやめよう」

と、あの世を見据えた境地で会いにいきました。

そうしたら何と、老師の方から近づいてきて私にだけ名刺をくださり

DSC_0648

「台湾においで」と言われたのです。

導かれるままに弟子入りし、迷惑も顧みず老師の自宅に住み込んで技術を学び始めました。

日本を去り、台湾へ

まったく異世界・異文化での生活がはじまりました。

 

毎朝3時半から老師について近くの公園へゆき(まだ真っ暗です)、

体を活性化させる『体術』『呼吸法』

昼、夜の『古武術』

そして、いつも二人きりの時に突然始まる
『治療術』の伝授・・・

文字通り「三歩下がって師の影を踏まず」の師弟関係です。

すると間もなく、私のうつ病で傷ついた心と体がみるみる軽く快活になるのが感じられたのです!

「これは、いったい何なんだ!?」

うつ病が回復! 謎のメソッド

老師は表向きは、武術家として有名でしたが、入室徒弟と二人きりの時にだけ『薬術』『治療術』『兵法』『処世術』の秘伝を口伝するのです

 

老師は達人ではありましたが、

学問どころか、読み書きもできない人でした。 

そんな無学の人が現代医学でも、学校教育でも救えなかった私のうつ病を治したのです! 

老師の優しさに守られ、心を育てられているような感じです。

老師からの無言の教えは『武術修業も人生も同じだ』という哲学でした。

この老師様に仕え、20年が過ぎようとしたある日

「お前ほどできるやつは、他の弟子にはいない。日本へ帰り大成せよ」

と、免許皆伝の言葉を頂きました。

うつ病回復の秘密

すっかりうつ病から回復し帰国た私は、人の心に興味を持ちました。

そして、私の心を守り育ててくれた老師様への恩返しのため、

そして自分と同じようにうつ病に苦しむ人のため

「なぜ老師が私のうつ病を治すことができたのか?」

を解明する決心をしたのです。

心理カウンセリングとの出会い 

 答えは、意外なことに心理学にありました。 

 老師と私の師弟関係は、心理カウンセリングと共通することが驚くほど多いのです!

老師は、武術の稽古の際、

弟子に対して3歳の子どもに接するように優しく優しく何度も何度も繰り返し教えてくれました。

そして最後の一言で強さ・厳しさ・目指すべき道を示すのです。

これは、潜在意識を一気に活性化させる心理療法に通じます。

また、老師自身が不機嫌になるようなことがあっても次の瞬間には、慈愛に満ちた笑顔になっています・・

イメージセラピーそのものです。

新たな出会いがあり、心理カウンセリングを学ぶと同時に

神社庁明階位神職・古神道審神者(こしんとうさにわ) 渡辺勝義先生に弟子入りし 手ほどきを受けました。

老師様の人生とカウンセリングの秘密

老師も若かりし日には、辛い命がけの修業をしたといいます。

「あんときゃ、つらかったなぁ~ワッハッハ」などと飄々と話すのですが、

『義賊』として、独裁者から賞金首となっていたとか・・

「鬼神すら避けて通る」
「台北の猛将」 と恐れられた若武者も 

その道を極めると慈愛に満ちた優しさを身につけ、傷ついた人を包み込み癒し・守ることができるのです。

私は今は、わかります。

老師は、私に自身と同じ体験をさせてくださったのだな・・。

「最強の優しさを身につけ、人の心を守れ」と・・・。

だから、自分の元を離れ「大成せよ」と・・。

うつ病で傷ついた心と体を老師に
癒し、守られ、送りだされ、新たな生きがいを感じた瞬間でした。

カウンセリングで心を癒し守りたい

心理カウンセリングを学ぶにつれ、老師の優しい笑顔が思い出されます。

「ああ、あの言葉は私の心理を読んでくれたのだな」

「何度も何度も教えてくれたのは潜在意識に語り掛けていたのだな・・」 

老師様と私の師弟関係は心理カウンセリングそのものでした。

現代医学・学校教育にはない〔心の癒し方・守り方〕が

伝統的師弟関係と心理カウンセリングにあります。

わたしが「人生をやめよう」と思ったあの時、最後の力で老師に会いに行かなかったら、今の私はありません。

つぎは、あなたが輝く番です。

あなたにも輝く未来が待っている!

あなたも、最後の力とほんのちょっとの勇気で未来が変わってきます。

カウンセリングと老師の教えには、悲しい過去を書き換えるメソッドすらあります。

現代医学や学校にはない、正しい心の癒し方、守り方・・・

誰にだって、輝く未来が用意されているのです。

それが、人生なのです。

PS:老師様

老師様、あなたの弟子は今、あなたと同じ「人の心を癒し守る」仕事をしています。老師様に頂いたこの命、あなたと同じように燃やしてゆきます。

あなたの優しい笑顔を時折、夢にみます。

あなたが私の心に与えてくださったあたたかな光は、

 「心の護身力」心理カウンセリングになりました。

そして、「みんなの心が癒され守られる明るい社会を創ってゆく・・・」

このことが老師様から私に託された〔想い〕なのですね。

この〔想い〕が広がってゆけば、こころ豊かな世の中になるでしょう。私は、迷いませぬ。諦めませぬ。これが私の使命なのです。

高道生老師様、そして渡辺勝義先生、

今日もあなたの弟子の弟子になってくれるであろう若者が訪ねてきましたよ。